タイムレコーダーの機能

勤怠管理に必要なタイムレコーダーの機能は出勤や退勤の時間を記録することです。
その方法はいくつかありますが、これまでは紙製のタイムカードというのが一般的でした。
タイムカードや運用が簡単で新しく従業員が入ってきたというような場合もすぐに対応することができるというメリットもあります。



タイムカードの場合は時間数を計算する必要があったので後処理に時間がかかってしまうということがありましたが、最近のタイムレコーダーではタイムカードに出勤と退勤の時間を記録して時間数を計算して印字することができるものもあります。



そして1ヶ月分の時間数も集計できる機能もあります。


他にもタイムレコーダーから出勤や退勤といった時刻をデータで収集するという方法があります。

ICカードを利用する方法があり、ネットワークに接続されたタイムレコーダーにICカードをかざすことで時刻がデータとして記録されるのです。

暮らしを豊かにしてくれるYOMIURI ONLINEの情報が欲しい方必見です。

勤怠システムがあればこの記録されたデータを受け渡しして、集計などの処理を行うことができ、残業時間なども自動的に計算することができるようになります。

勤怠システムでいつでも勤務状況を確認することができるというメリットがあります。また生体認証として指紋などで本人確認を行うという方法もあります。
また本人しかわからないパスワードを入力して時間を記録するという方法もあり、スマートフォンで打刻を行うといったことも可能なので、いろいろな方法で勤務データを収集することができます。

関連リンク

タイムレコーダーを入れ替えて業務効率アップ

タイムレコーダーと言えば、勤怠管理の要とも言える機器です。出勤時刻、退勤時刻などを紙のタイムカードに簡単に打刻できるタイプのものは故障も少なく、中には十年、二十年と同じ機器を使われているところも多いのではないでしょうか。...

more

タイムレコーダーの機能

勤怠管理に必要なタイムレコーダーの機能は出勤や退勤の時間を記録することです。その方法はいくつかありますが、これまでは紙製のタイムカードというのが一般的でした。...

more