タイムカードは企業には欠かすことができません

企業は従業員の勤務を把握する必要があります。


しかし、沢山いる従業員の一人ひとりを把握することは非常に難しいのですが、タイムカードを利用することで簡単に把握することが可能となります。

大企業になるとタイムカードは本人が押しますが、近くにいる人が代わりに押すことを禁止しているケースが大半を埋めています。

ほとんどの企業は出勤時の退勤時押すのですが、企業によっては、休憩のときにも押すこともあります。


これは、出勤時間と休憩時間と退勤時間を企業が把握するために行っています。
従業員が怪我などによって休業する場合には休業補償が支払われますが、その場合にもタイムカードが必要になります。



タイムカードで従業員がいつ休んだかが分かるために、必要です。毎日押すために偶には押し忘れる場合もありますが、その場合には管理職を務めている人が手書きで記入することになり、自分で記入することはできません。

タイムカードを押す機会は色々あり、簡単な機械から高機能な機械まで色々な種類があります。

中小企業は簡単な機械を使用していますが、大企業になると非常に高機能な機械を使用しているために、様々な機能が内蔵されています。

高機能な機械は本体のデーターをそのままパソコンに入れることができるために、従業員の勤務管理が簡単になります。



企業は本採用や使用期間に関わらず一人に一枚を用意する必要があり、一か月単位で新しいカードに交換する企業がほとんどです。

@niftyニュースの喜びの声を頂いています。

関連リンク

タイムレコーダーを入れ替えて業務効率アップ

タイムレコーダーと言えば、勤怠管理の要とも言える機器です。出勤時刻、退勤時刻などを紙のタイムカードに簡単に打刻できるタイプのものは故障も少なく、中には十年、二十年と同じ機器を使われているところも多いのではないでしょうか。...

more

タイムレコーダーの機能

勤怠管理に必要なタイムレコーダーの機能は出勤や退勤の時間を記録することです。その方法はいくつかありますが、これまでは紙製のタイムカードというのが一般的でした。...

more