タイムレコーダーを入れ替えて業務効率アップ

タイムレコーダーと言えば、勤怠管理の要とも言える機器です。
出勤時刻、退勤時刻などを紙のタイムカードに簡単に打刻できるタイプのものは故障も少なく、中には十年、二十年と同じ機器を使われているところも多いのではないでしょうか。しかし最近、このタイムレコーダーを入れ替える企業が増えてきています。

確かに旧来のタイプのものは機構が単純な分故障も少なく、簡易に勤怠管理を実現できますが、一方で紙から打刻情報を読み取ってパソコン上などで入力し直し、集計するというかなりの手間が掛かってしまいます。またその際に入力や計算のミスも発生しやすいことも問題となりがちです。

そこで登場したのがクラウド型の勤怠管理システムとインターネットを使ってリアルタイムに連携するタイプのタイムレコーダーです。



この新しいタイプのタイムレコーダーなら、打刻と同時にクラウド上のサーバーに時刻が記録され自動で集計されてますので手間がほとんどなく、ミスも発生しなくなります。

これだけでも給与部門の業務の効率化が実現できます。



しかも、クラウド上で遠隔地も含めた勤怠状況がいつでも確認できるので、最近話題となっている過重労働のチェックもしっかりとできます。

YOMIURI ONLINE情報が揃っています。

過重労働を早期発見してその部門、従業員の業務を見直せば、企業全体の業務の効率化にもなりますし、定着率が高い長く続く企業となれます。

紙のタイムカードに手間と不都合を感じたら、クラウド連携タイプのタイムレコーダーへの入れ替えを検討するタイミングだと言えるでしょう。

関連リンク

タイムレコーダーを入れ替えて業務効率アップ

タイムレコーダーと言えば、勤怠管理の要とも言える機器です。出勤時刻、退勤時刻などを紙のタイムカードに簡単に打刻できるタイプのものは故障も少なく、中には十年、二十年と同じ機器を使われているところも多いのではないでしょうか。...

more

タイムレコーダーの機能

勤怠管理に必要なタイムレコーダーの機能は出勤や退勤の時間を記録することです。その方法はいくつかありますが、これまでは紙製のタイムカードというのが一般的でした。...

more